Aspose.3D for .NET(ver18.11)でDraco圧縮を行なったglTFファイルについて


#1

Aspose.3D for .NETにてDraco圧縮を行なったglTFファイルを出力し、そのファイルをWebGL(Three.js)で読込を行なったところ、Exceptionが報告されました。
原因は”accessors”ノードが出力されていない為で、メッシュ情報におけるバッファ情報を読み込めない状態となっていました。
KhronosGroupの資料(https://github.com/KhronosGroup/glTF/tree/master/extensions/2.0/Khronos/KHR_draco_mesh_compression)では、”accessors”ノードは「解凍されたデータと一致する必要がある」とあるので、Draco圧縮する場合でも"accessors"ノードは必須と思われます。
調査をお願いします。

Draco圧縮を使用したglTFファイルの出力は下記のように行ないました。
言語はVB.NETです。
Dim saveOptions As Formats.SaveOptions
saveOptions = New Formats.GLTFSaveOptions(FileFormat.GLTF2) With {
.DracoCompression = True,
.PrettyPrint = True
}
Dim outputScene As New Aspose.ThreeD.Scene()
省略
outputScene.Save(filePath, saveOptions)

Aspose3Dのバージョンは18.11で確認しました。

以上、宜しくお願いします。


#2

@scfixedstar

サポートにお問い合わせいただきありがとうございます。

WebGLを使って読んで、私たちの環境でそれを再現して調査しようとするかもしれないアプローチを挙げながら、ソースと生成されたファイルを共有してください。